FC2ブログ
LEDだけじゃないんだから!
キリ!っとした内容からゴニョゴニョとしたチラ裏まで、 知識から妄想まで書いていこうと思いマース
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペックがわからない!
どれが良いLEDなの? というのはあると思います

表になっているところもあれば
箇条書きで書いてあったりしていますが

選考基準なんて、並べて点灯させてみることはできないのですから、
そういう部分で選ぶしかないかなと思います


さて、LEDですが困ったことに良い絶対基準のようなものはありません

各メーカーが好き勝手に書いてます


ので、イメージしやすいニュアンスを書いていきますね

■消費電力

1時間のうちにどれだけ電力を消費するか

ですから、これは少ないほうが良いです。
今取り付けている蛍光灯型の電力比較をしたい場合には、
ここで比較してください。

+安定器分の消費電力差も出てきますので
実際はコレより大きな差になると思われます。

この割合の差が、電気代の差に直結します

蛍光灯が40WでLEDが20Wであるのならば
20÷40で0.5になるので、半分の電気代になります。



■重量

重さです。大体の標準的な重さでは

40w型で500gというところでしょうか

500gより下回ってくると考えられるのが
アルミ部分(ヒートシンク)が少なく
それ故に光る部分が多い ということが考えられます



■照射角

上で出てきたやつです
どれだけ広く光を発射しますということです。
ランプ菅の半分で180°ですから、180°以上になると
真下より広く照らせることになります

実際はついている器具の反射板で変わってきますが
照射角が広くなってくると自然な広がり方となります



■lm

ルーメン と読みます

これが大きくなればなるほど強く明るい光となりますので
重要な数字になってきます

安価で叩き売りされているモノとかであれば
この数字が小さいことが特徴です

LEDに変えたぞ!と思っても、
ここが小さな数字であれば自然と暗くなります



■k

ケルビン と読みます

色温度というと少し分かりにくいですが、色のことです。
蛍光灯でもあった、電球色、昼白色、などを数値化したものです。

白っぽいものをお探しであれば 5000~6500ぐらい
電球色をお探しであれば    2500~3000ぐらい



■製品寿命

製造時から70%の明るさになるのがこのぐらいです
という規格なので
それぐらいでいきなり点かなくなるということではありません。

最近のものはほとんど40000時間ぐらいですね。
これより低いものは廉価版とみていいと思うぐらいの標準になっていると思います。



■取付に電気工事要

蛍光灯のように付け替えるだけではNGです
かつ、口頭で行うものでもありませんので、
最低でも電気工事士2種以上の方に付けていただきましょう

そのまま取り付けできます!
というものには必ず制限がありますので、
自己責任にならないように、よく読まなければいけません。



■認証取得

厳密な基準となる規格がないもんですから、
ここの基準を満たしています! というもので

古くからあるのは
CE や ROHS です。

これはLED先進国のヨーロッパでの規格になりますので、
参考規格といえるでしょう。
中国産や韓国産に多く見られますが
これすら付いていないものもとても多くありますので
最低限、ここは注意しましょう


最近多く見かけるのが
PSE です。

これは日本の基準になりますので
安心感がより増すことになります。

今年2012年の7月1日からPSE表記がないLEDは法律で販売禁止になる予定なので、
夏からはPSEが基本になると思われますし、
それまでは在庫処分等の叩き売りも目にするのではないかと思います。








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tactled.blog.fc2.com/tb.php/38-8f2d6fd7
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。