FC2ブログ
LEDだけじゃないんだから!
キリ!っとした内容からゴニョゴニョとしたチラ裏まで、 知識から妄想まで書いていこうと思いマース
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LED001・・・・・LEDとは!
そういやここはズバリ、「自分のショップランクを上げるぞー!」といういいかげんな
極めて純粋な2極の正義がスパークしたヒラメキがスタートなので、
書いておかなければならないかなーLED、と。

LEDを学術的や歴史的や設計的な観点からのお話はペディアでも見ていただいて。

どうなるの? え? なに? おいしいの? なんですよね。


一番の部分はお金が合うかどうかで
やった感が見た目にあるか
他にいいことなにかあるの?とか
やらなきゃだめ?とか
だれがやったほうがいいの?

ってとこじゃないでしょうか。


お金に合うかどうかを今回書いていきます。



正直なところ、蛍光灯が「もう駄目!絶対!」みたいなアスベスト的な扱いではないんですよね。
変えなかったら今までどおりで相違ないみたく。

それで1本結構なお値段するので、どうなのかな・・・合うのかな・・・
LEDの出始めはそうでした。
結局新し物好きな人が買っていく。
粗悪品なら新しくなったときに変えればいいという
すばらしい真っ向勝負、横綱相撲的な方たちです。

採算なんてソレナリだと思うので、いい加減だったと思います。

今でこそルーメンとか照射角とかチップの種類とか、
真剣に選んで損したくない、通常思考型の方たちがお客様になりますので、
いろいろ比較になるべき基準等がでてきておりますけれども、

それも別に表記義務的なものはないので、書きたくないウィークポイントは載せないとかも
あるんですよね。

ただ、どれだけごまかされたって、かわらなものが「消費電力」です。
これが小さいほど電気代が安くなるということで。

大体蛍光灯の半分ぐらい違います。

だから、LED化するか否かを投資額が見合うか否かに考えるのならば
今の照明に関係する電気代が高いかどうかなんですよね。

大体蛍光灯って40Wが多いので、本数数えて、点ける時間を大体計って、1月30日だし、電気代の単価的な
やつは22円/Kwhだし・・・ってなことを計算式にすると

40W X 本数 X 時間 X 30日 X 22 ÷ 1000(Kwhだから)
=一ヶ月の照明にかかる電気代(概算

となります。
電力会社から来た電気代の請求書を見ながら
照明にかかっている割合を見てもらえれば、いくらぐらいかなーとわかります。

そこから先はニュアンスですね。

どこのサイトを見ても1本いくらと書いてあるのでその材料費。
それと直管型は電気工事が要りますので、その作業人の工事費。
工事が出るのでおそらく産廃費とか、諸経費とか、そんな感じの金額がプラスされたときに

はたしてLEDにするのか! お金だけ見て!

という大体のニュアンスができてくるかと思います。


いつかはただになる(ペイできる)と計算しても良いでしょうし
照明器具関係なんてのは大体10年ぐらいで新品に交換するものなので、
その予算をあてればいいのでは・・・という考え方もいいかと思います。


個人的にはLEDって家庭用向きではないと思うんですよね
事務所とか、持ちビルとか、そういった場所じゃないとまだまだ採算が合わないと思うんです。

さて、電気代の単価も上がるとのウワサも聞こえてきております
単価が上がると単純に上がった分だけ係数が増えるので料金も増えてきます。

計算だけでもやってみてはいかがでしょうか?
↓ちなみにネットショップはこちらです↓
TACT ENGINEERING LED

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。